ホットヨガに美容プログラムを融合した、日本初のコラーゲンスタジオ

垂れたお尻の原因とヒップアップさせるエクササイズ

HOME > ルキナビ(LuciNavi) > 垂れたお尻の原因とヒップアップさせるエクササイズ
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

若い頃はスキニーパンツやミニスカートを自信満々で着こなせていたのに、最近では長めのトップスやゆったりシルエットのボトムスばかりを選んでしまうという女性は多いのではないでしょうか。垂れたお尻のラインが気になってしまうと、着られる洋服が限られてしまっておしゃれを楽しむ気分も消えてしまうものです。

昔のようにキュッと上がった美しいヒップラインを取り戻すにはどうしたら良いのでしょう。今回は女性の悩みに多い「垂れたお尻」の原因と、ヒップアップにぴったりのエクササイズについて詳しく解説していきます。

お尻が垂れてしまう理由

年齢を重ねるにつれて気になる「お尻のたるみ」。昔はキュッと上がった美しいヒップラインが自慢だったのに、いつの間にかお尻が垂れてしまってがっかり…と感じている女性は意外と多いのではないでしょうか。

お尻の形に自信がなくなると、長めのトップスで隠そうとしたり、ゆったりしたシルエットのボトムスばかりを選んでしまったりで、年齢よりも老けて見られてしまうことも少なくありません。お尻のたるみが原因でおしゃれが楽しめない!なんてことにならないためにも、お尻が垂れてしまう原因をきちんと理解して、早めにケアしていきましょう。

お尻の筋肉が低下

お尻には、立体的なお尻を作るのにかかせない大臀筋、ヒップのメリハリを作る中臀筋、お尻を内側に縮める役割を持った凱旋筋群と呼ばれる3つの筋肉があります。

これらの筋肉が満遍なく鍛えられていることで、キュッと上がった美しいヒップラインを手に入れることができます。反対に、運動不足や加齢などによってこれらの筋肉が衰えてしまうと、お尻が垂れてしまったり扁平形になってしまったりするのです。

座ってばかりの生活をしている

長時間のデスクワークなど、座ってばかりの生活を続けていると、お尻の血行が悪くなってしまいます。その結果、老廃物がしっかりと排出されずに体内に蓄積され、それが脂肪へと変わってしまうのです。

下着のサイズが合っていない

サイズの合わない下着やガードルを無理に使い続けていると、ヒップラインが崩れてしまったり、お尻の肉が流れてたるんでしまったりします。歩くたびに下着がお尻に食い込む、下着の跡がくっきり残ることに心当たりがある方は注意が必要です。

姿勢が悪い

お尻の形と姿勢には密接な関係があります。悪い姿勢で歩いているとお尻の筋肉が衰えてしまい、垂れる原因となってしまうのです。

骨盤がゆがんでいる

出産や姿勢の悪さなどが原因で骨盤に歪みがあると、お尻の筋肉をきちんと使うことができずにたるみの原因となるだけでなく、血液やリンパの流れが滞ることで下半身太りに繋がってしまいます。

垂れたお尻を放置するデメリット

垂れたお尻をそのままにしてしまうと、ヒップラインにメリハリがなくなったり、足が短く見えたりという見た目のデメリットはもちろん、身体的なトラブルを招く可能性が高まります。

例えばお尻が垂れている人の多くは、腰回りの筋肉が低下しているため猫背になりやすく、その結果腰痛や肩こりが生じるケースも少なくありません。また、お尻が下がっていることで正しい歩き方ができず、骨盤が歪んでしまい、下半身太りにつながってしまうのです。

ヒップアップのためのおすすめエクササイズ

垂れたお尻はエクササイズを取り入れることで、ヒップアップすることができます。オススメのエクササイズを詳しく見ていきましょう!

ヨガ

ゆったりとした動きを取り入れながらインナーマッスルを鍛えることができるヨガは、ヒップアップにも効果的です。仰向けで腰を浮かせてお尻を持ち上げる「橋のポーズ」や、うつ伏せの姿勢から両手で足首をつかんで弓のように体を反らせる「弓のポーズ」がおすすめ。

ウォーキング

運動が苦手な方におすすめなのが、ウォーキングです。ポイントは「膝をしっかりと伸ばして歩くこと」、「大きな歩幅で歩くこと」、「太ももの筋肉をしっかり使う」こと。この3点を意識することで、効果的にお尻の筋肉に働きかけることができます。

ヒップリフト

お尻の筋肉を鍛えるエクササイズの定番といえば、仰向けになって膝を90度に曲げてお尻を持ち上げる「ヒップリフト」。大臀筋と中臀筋だけでなく、腹筋や骨盤を支える筋肉を強化することができます。

お尻歩き

膝を伸ばして床に座り、そのままの状態で左右の足を前後に動かしながら前に進みましょう。垂れたお尻の原因でもある骨盤の歪みを改善することができます。

スクワット

スクワットは、ヒップだけでなく下半身太りにもおすすめのエクササイズです。ポイントは膝とつま先を同じ方向に向け、膝をつま先よりも前に出さないということ。背中を丸めずに膝を曲げていきましょう。

垂れたお尻改善は歩き方・座り方も意識しよう

美しいヒップラインを保つためには、普段何気なく行なっている歩き方や座り方を見直すことも大切です。

例えば、椅子に座る時に座面に浅く腰掛けて背もたれに寄りかかったり、正座やあぐらをかいたりすると骨盤の歪みを招いてお尻が垂れてしまいます。また、日常的に高いヒールを履く女性の場合は、膝を曲げて歩くことが原因でお尻の筋肉が低下してしまうこともあるのです。

年齢を重ねるとヒップラインが崩れやすくなってしまいますが、日常生活のちょっとした気配りでお尻のたるみを防ぐことは可能です。垂れたお尻が気になる方は、上記でご紹介した内容を参考にしてみましょう。


▼こちらの記事を読んだ方におすすめの記事はこちら

ヒップラインだけじゃなくてフェイスラインも気になる!エクササイズやホットヨガでフェイスラインを美しくする方法を伝授

垂れてくるのは目元も同じ!?目が小さくなっちゃう原因とその対策
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

 

 

 

 

 

初心者でも安心!

気軽に受けられる「体験レッスン」をご用意しました。経験豊富なインストラクターがサポートしますので、安心してチャレンジしてください!

体験レッスン予約
Copyright © Collagen Studio.All Rights Reserved.