ホットヨガに美容プログラムを融合した、日本初のコラーゲンスタジオ

妊活には適度な運動を取り入れよう! おすすめの運動とは

HOME > ルキナビ(LuciNavi) > 妊活には適度な運動を取り入れよう! おすすめの運動とは
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

妊娠しやすい体づくりのために、栄養バランスのとれた食生活を心がけている方は多いと思いますが、それと同じくらい運動も大切です。特に妊活中は病院通いなどで生活のリズムが崩れてしまうため、気がつかないうちに運動不足になってしまいがち。

自分が思っている以上に心と体が緊張していたり、ストレスを感じたりしていることもあるため、適度な運動を取り入れてリフレッシュをすることがとても大切です。

そこで今回は、妊活中の運動についてそのメリットとおすすめの運動を詳しくご紹介していきます。

妊活中に運動が大切な5つの理由

妊娠しやすい体づくりのためには、日々の生活に適度な運動を取り入れることが大切です。その理由を詳しく見ていきましょう。

ホルモンバランスが整う

妊活を成功させるために大切なのは、正常な排卵と規則正しい生理周期が維持されているということ。適度な運動を日常的に続けていると代謝が良くなるため、排卵と生理周期に影響するホルモンバランスを正常に整えることができます。

冷え性が改善する

運動不足の状態が続くと、代謝が落ちてリンパや血液の流れが滞ってしまうため、冷え性になりやすく、その結果子宮や卵巣の機能が低下してしまいます。適度な運動を意識して運動不足を改善することで、代謝を向上させて冷え性を予防しましょう。

自律神経を安定させる

呼吸や脈拍、体温、代謝、免疫、消化、ホルモンバランスなど私たちが生きて行く上で欠かせないさまざまな働きを支配している自律神経。運動不足の状態が続くと、この時膣神経の働きが乱れてしまうため注意が必要です。

ストレスが発散できる

日常的に運動することを意識していると適度な疲れを感じて質の良い睡眠を得ることができます。体をしっかりと休めることで、自律神経が整いストレスに強い体を作ることができるのです。

体力がアップする

適度な運動を続けていくことで、代謝や免疫力がアップして風邪をひきにくい丈夫な体が作られます。

必見!妊活中におすすめの運動

妊活中の運動は、ダイエット目的の運動のように激しさや高いカロリー消費は基本的に必要ありません。大切なのは卵巣や子宮の働きを悪くする体の冷えやホルモンバランスの乱れなどを整えることと、毎日継続的に続けられる運動であるということ。

ゆっくりとした有酸素運動であれば、運動が苦手という方でも気軽にチャレンジできるでしょう。では、実際に妊活中におすすめの運動をご紹介していきます。

ウォーキング

運動がとにかく苦手…という方でも始めやすいのがウォーキング。特別な道具やウェアがなくても手軽に始められるのが魅力です。

かかとからしっかりと着地し、大きな歩幅で少し早めのペースで歩くことを意識するだけで、下半身の血流を刺激して血行や代謝を改善してくれるため、子宮の冷えを防いで受精卵が子宮に着床しやすい環境を整えることができます。

運動しようと決めて歩くのも良いでしょうし、忙しくて運動のための時間が取れない場合には、通勤や買い物の時にウォーキングを組み込んでみるのがおすすめです。1日30分以上を目安にして続けてみましょう。

ストレッチ

運動は苦手だし、どちらかというとインドアが好き、という方におすすめなのがストレッチです。毎晩お風呂上がりに行えば、体があたたまっているためより高い血行促進効果が得られます。

特に骨盤の位置を正しく整えるストレッチは、年齢を重ねたことによって位置が下がってしまった子宮や卵巣への圧迫を取り除くことができるため、妊娠しやすい体づくりに効果的です。

ヨガ

ゆっくりとした動きと呼吸を意識した有酸素運動であるヨガ。全身の筋肉をしっかりと動かすことで、代謝を高めて血流やリンパの流れも改善できます。特に体をあたためながら行うホットヨガは、より高い効果が期待できるためおすすめです。

妊活中の運動で注意すべきこと

妊活中には運動不足が大敵ですが、だからといってどんな運動でも良いというわけではありません。妊活中の運動で注意すべきことを詳しく見ていきましょう。

激しい運動

激しい運動を行うと、体内で大量の活性酸素が作られてしまいます。活性酸素というのは体の酸化を促進するもので、卵巣や精巣の機能低下の原因となってしまうことも。

妊活中の運動はダイエットを目的とした運動とは異なるため、激しすぎるものは避けるようにしましょう。

水泳

有酸素運動の代表格でもある水泳ですが、長時間冷たい水の中につかっていると体が冷えてしまうため妊活中の運動としてはおすすめできません。

どうしても水泳をしたい場合には温水プールのあるところを選び、終わったあとも体を冷やさないような注意が必要です。

サイクリングなど

妊活中の男性が気をつけたいのが、サイクリングなど自転車に乗る運動です。自転車に長時間乗っていると、局部が圧迫されてしまうため、精子の質が悪くなると言われています。

妊活中は女性だけでなく男性も適度な運動をすることが大切です。ぜひ上記の内容を参考にして、ご夫婦で一緒に運動を楽しんでみてください。


▼こちらの記事を読んだ方におすすめの記事はこちら

ホルモンバランスを整えるホットヨガの効果とは

ルキナのヨガスタジオで体験いただける、ホットヨガ、ホットパワーヨガ、ホットピラティス、ホット骨盤エクササイズなどのプログラムについてご紹介 
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

 

 

 

 

 

初心者でも安心!

気軽に受けられる「体験レッスン」をご用意しました。経験豊富なインストラクターがサポートしますので、安心してチャレンジしてください!

体験レッスン予約
Copyright © Collagen Studio.All Rights Reserved.